TOP

更年期とは

更年期とは、45〜55歳位の期間を指し、この間に生ずる不定愁訴を更年期症状といい、その症状が日常生活に支障をきたす程度であれば更年期障害といいます。

 

更年期障害1:名古屋市千種区,鍼灸接骨院,産後の骨盤矯正、O脚矯正、マタニティ整体、美顔鍼
40歳以上の女性の54.77%が、3年以内に不定愁訴や“なんとなく不調”を感じています。
具体的には、「肩こり・腰痛・手足の痛み」(57%)、「疲れやすい」(55%)、「顔がほてる」(51%)などです。

 

更年期障害表:名古屋市千種区,鍼灸接骨院,産後の骨盤矯正、O脚矯正、マタニティ整体、美顔鍼

 

更年期障害3:名古屋市千種区,鍼灸接骨院,産後の骨盤矯正、O脚矯正、マタニティ整体、美顔鍼
更年期障害における症状について、日常生活へ影響が出ている人は「やや影響がある」、「大いに影響がある」を合わせると全体の約6割という結果でした。普段の生活において影響があるにも関わらず、医療機関を受診した人はわずか2割強という結果でした。

 

「家事にしろ仕事にしろ、これまで普通にできていたことができなくなると、家族や職場からは『怠けている』と捉えられがちです。

 

その結果、更年期障害が原因であるにも関わらず自らの責任と考え、更に無理をするという悪循環に陥る人も少なくありません。

更年期障害4:名古屋市千種区,鍼灸接骨院,産後の骨盤矯正、O脚矯正、マタニティ整体、美顔鍼

更年期障害の発生機序(更年期障害の三角形)

更年期障害の発生機序の詳細については、不明なt現が多いですが、内分泌因子(卵巣機能の低下)、心理・性格的因子、社会・文化的因子といった3つの要因の関与が指摘されています。(更年期障害の三角形)

更年期障害三角:名古屋市千種区,鍼灸接骨院,産後の骨盤矯正、O脚矯正、マタニティ整体、美顔鍼

一般的には、これらの要因が複雑に絡み合い、多彩な不定愁訴が発生するものと考えられています。

 

 

更年期障害4−1:名古屋市千種区,鍼灸接骨院,産後の骨盤矯正、O脚矯正、マタニティ整体、美顔鍼
更年期のライフステージは、女性を取り巻く環境に様々な変化が起こりやすい時期です。
@閉経による女性美の喪失と老化(喪失感)
A子どもの成長と母親の役割の終了(空き巣症候群)
B子どもの進学、就職などによる心配からの解放(荷下ろし)
C両親、近親者、友人の病気や死(孤独感)
D夫の定年後の経済的問題
Eがんや成人病への直面と不安(現実的不安感)
F夫との子ども、友人との人間関係問題(葛藤)
G地区やサークルでの立場、役務(マネージャー症候群)
H有職婦人での管理職の立場(サンドイッチ症候群)
この様な状況下で心理・性格的な問題があると、ストレスが倍増してしまいます。

 

更年期障害4:名古屋市千種区,鍼灸接骨院,産後の骨盤矯正、O脚矯正、マタニティ整体、美顔鍼
加齢による卵巣機能の低下、特にエストロゲン分泌の低下が挙げられています。

 

性成熟期には、月経周期は視床下部-下垂体-卵巣系におけるフィードバック機能によって維持されていますが、40歳代になると急速に卵巣機能が低下し、その結果、視床下部のフィードバック機能は解除されて、やがて中枢からのゴナドトロビン分泌が著しく増加します。

 

そうすると、視床下部の自律神経中枢に影響を及ぼすことになり、さまざまな自律神経の症状(多彩な不定愁訴)を発症するようになります。

 

例えば、更年期障害の特有の症状のひとつである“のぼせ”は黄体化ホルモン(LH)の律動的分泌により発症すると捉えられています。
(また、エストロゲンの低下がCGRPの分泌を促し、皮膚末梢の血管を拡張させることにより発症するとも捉えられています。)

 

更年期障害5:名古屋市千種区,鍼灸接骨院,産後の骨盤矯正、O脚矯正、マタニティ整体、美顔鍼
気両面・緩和・妥協的
自己否定・他者肯定
自己犠牲的・内向的
努力・精進・社会適応良好
失感情症・メランコリー親和性

 

更年期障害6:名古屋市千種区,鍼灸接骨院,産後の骨盤矯正、O脚矯正、マタニティ整体、美顔鍼
母親的役割終了
家族内環境の変化
分離体験
経済的問題
対人関係
健康問題

更年期障害の診察

基本的には器質的(内臓や神経、筋肉、器官といった各組織において病理的・解剖的な異常が生じた事により引き起こされるもの)な疾患を除外した上で、

 

@患者が更年期であること
  (45〜55歳位)
A更年期症状があること
  (のぼせ、肩こり、腰の痛み、全身倦怠感、睡眠障害など)
B卵巣機能が低下していること
  (男性更年期障害の場合、男性ホルモンの低下がみられること)

 

以上の3つから診断されます。

 

更年期障害7:名古屋市千種区,鍼灸接骨院,産後の骨盤矯正、O脚矯正、マタニティ整体、美顔鍼
更年期指数などを用いた評価票を使いスクリーニングを行います。簡易更年期指数票はエストロゲン低下をよく反映していますので、症状の変化(改善)とよく相関します。

 

当監修院でも簡易評価指数票がありますので、ぜひご利用ください。

 

更年期障害8:名古屋市千種区,鍼灸接骨院,産後の骨盤矯正、O脚矯正、マタニティ整体、美顔鍼
『FSH(卵胞刺激ホルモン)値』
血中のゴナドトロピン(FSH)を測定します。
FSHは、下垂体前葉から分泌されます。

 

血中FSH値は、およそ30mIU/ml以上を高ゴナドトロピン、
5mIU/ml以下を低五なゴナドトロピンとなります。
高ゴナドトロピン上程では閉経婦人では生理的な状態ですが、卵巣には卵胞が存在していないとみなされます。

 

『エストラジオール値』
血中のエストラジオール値を測定します。
エストラジオールはエストロゲンのひとつで、卵巣由来の性ステロイドホルモンのです。卵胞より分泌されます。

 

血中エストラジオール値は、卵胞の発育家庭の進行度を推測するのに最も良い指標とされていて、閉経後は急速に低下します。

男性更年期障害

更年期障害は女性特有の病気と思われてきましたが、近年男性にも更年期障害があることが明らかになってきました。
男性には閉経のようなはっきりした体の変化が現れない上に、個人差が大きいことなどが男性更年期障害の症状を分かりにくくしています。

 

女性の更年期障害は閉経前後の卵巣の急激な機能停止によって起こると考えられていますが、 男性の更年期障害は加齢による男性ホルモンの低下が発症に大きく関わっていることがわかってきました。それに加えて仕事上のストレス、肥満、運動不足なども間接的要因として挙げられます。

 

発症時期は概ね40代の中頃から50代前半にかけてが最も多いのですが、たとえ30代でもこの男性ホルモンが減少するれば更年期障害と同じ症状が発生します。

 

男性ホルモンの分泌量が減少してくると集中力や意欲が低下し、筋肉も弱くなります。さらに排尿機能や男性機能も衰えてきます。

 

男性更年期障害には男性ホルモンの減少による生理的な変調のほかに、心身症的反応による不定愁訴もあります。生理的変調による症状は主に「精力の減退」が、不定愁訴としては「不安、不眠、あせりなどの精神症状」、「気力の低下」、「全身倦怠感」などがあります。
肉体的にも精神的にも豊かな老後を迎えるためには、この更年期をいかに過ごすかが大きな意味を持つといっても過言ではないでしょう。

 

更年期障害9:名古屋市千種区,鍼灸接骨院,産後の骨盤矯正、O脚矯正、マタニティ整体、美顔鍼
男性更年期障害も女性の更年期障害と同様に「ホルモンバランスの崩れ」が最大の原因と考えられています。ホルモン(※)の中でも更年期症状の最も原因となるのは男性の場合、精巣ホルモンの「テストステロン」、女性は卵巣ホルモンの「エストロゲン」です。これらはみんな生まれつき持っていますが、年齢を重ねるにつれホルモンの分泌が低下し、心や体に不調が現れてきます。

 

※ホルモン(英:hormone)とは、動物の体内において、ある決まった器官で合成・分泌され、体液(血液)を通して体内を循環し、別の決まった器官でその効果を発揮する生理活性物質のこと。生体内の特定の器官の働きを調節するための情報伝達を担う物質であり、栄養分などとは違って、ホルモンの体液中の濃度は非常に微量であるのが特徴。例えば、典型的なペプチドホルモンの血液中の濃度は、10-9 mol/L(nmol/L=ナノモル)程度と、きわめて低濃度である。

 

ホルモンの分泌形式を内分泌(endocrine)と呼ぶ。これは、ホルモンが、体内 (血液中) に分泌されることから、体外(消化管の内腔を含む)に分泌される外分泌(exocrine)と対比する呼び方である。ホルモンを分泌する器官を内分泌器官(endocrine organs)と呼ぶ。

 

更年期障害10:名古屋市千種区,鍼灸接骨院,産後の骨盤矯正、O脚矯正、マタニティ整体、美顔鍼
現代はストレス社会と言われ、人間はもちろん全ての生物がストレス感じずに生きていくことはできません。
そんなストレス社会の現在、その範囲は幅広く、人間関係や親しい人との別れ、経済の動向や環境汚染まで様々な事柄がストレスの要因となり心身の不調を訴える方が多くいます。

 

その中でも40代・50代のいわゆる男性更年期世代にとって一番のストレス因子はやはり職場が多いでしょう。
職場でのストレスを感じる人の割合は年々増加傾向にあり、現在ではストレスを感じない人のほうがめずらしいくらいです。
欧米人に比べると日本人ははるかにストレスを感じている人が多く、その原因は日本人の勤勉さにあるのかもしれません。

 

ストレスは男性更年期障害にもおおきく関わっており、上司・部下との関係・時間的制約・昇進など職場のストレスをきっかけとして、男性更年期の症状をより重いものにしていると思われます。

 

また、家庭では子供が自立により親子関係が希薄になることや、夫婦関係、住宅ローンなど様々な要因がストレスに結びつく可能性があります。
ストレスの対処方法としては、何が自分のストレスの原因になっているかを知り、常に前向きな生き方を日頃から心がけ、仕事や家庭でのストレスを極力溜めず発散することがストレス対処に最も重要であり、男性更年期障害の克服への近道です。

 

更年期障害11:名古屋市千種区,鍼灸接骨院,産後の骨盤矯正、O脚矯正、マタニティ整体、美顔鍼
男性ホルモン「テストステロン」(Testosterone)とは男性ホルモンの一種で、精力、筋肉増大、毛深さ、
蛋白同化作用(摂取したタンパクを筋肉に変える作用)の促進など男性の性的特徴や精子の生産に強く関わりのあるホルモンです。睾丸と副腎から分泌されます。
思春期を過ぎた男性は睾丸からの分泌が増加し、男性的な身体が作られます。
ちなみに女性は副腎からしか男性ホルモンは分泌されず、分泌量はおよそ男性の20分の1で、陰毛の発毛に関与しています。
テストステロンの減少は一般的に30歳ごろからはじまり、年々少しずつ減少します。
また肉体に関わっているだけではなく精神にもその作用はおよび、攻撃的な性格になるか、弱気な性格になるかという大切な事を左右する働きもあります。

 

「テストステロン」レベルの高い男性は物事に積極的で、人々を支配しようとするため出世する可能性が高いとも言えます。
通常、男性は女性の10〜20倍のテストステロンレベルを持ちます。テストステロンは更年期前の健康な男性の血液1ミリリットルあたり16ピコグラム以上含まれますが、更年期になると15ピコグラム以下に下がってしまいます。
したがってテストステロンレベルが下がった時が男性更年期のはじまりと言うことになります。
また、テストステロンの減少率は個人差が大きく、70代でも平均的な30代の男性と同等のテストステロン値の男性も多い。

 

鍼灸治療

更年期障害12:名古屋市千種区,鍼灸接骨院,産後の骨盤矯正、O脚矯正、マタニティ整体、美顔鍼
更年期に出現する様々な愁訴に対して、下行性疼痛抑制機構や体性−自律神経反射、関連痛などの考え方に基づいて、ツボを選穴をしていきます。

 

更年期障害13:名古屋市千種区,鍼灸接骨院,産後の骨盤矯正、O脚矯正、マタニティ整体、美顔鍼
●頭部のむくみ…不眠、精神症状、頭痛
 むくみの中心へ鍼
●頚部〜肩の緊張・こり…のぼせ、精神症状、頭痛(頭重)、耳鳴、消化器症状、疲労感
 百会、風池など
●背部の緊張…精神症状、頭痛(頭重)、消化器症状、疲労感、動悸、頻脈、徐脈
 復留、肝兪、脾兪など
●腰部の緊張…消化器症状、泌尿器症状、生殖器症状、全身症状
 三陰交、曲泉、腎兪など
●腹部所見…腹部の軟や緊張、胸脇苦満
 太渓、三陰交、足三里など
●恥骨上部の腫脹・緊張…泌尿器科の諸疾患、婦人生殖器関連
 中極、曲骨など
●膝痛…高齢に伴う、変形性膝関節症など
 内膝眼、外膝眼、血海など

 

更年期障害14:名古屋市千種区,鍼灸接骨院,産後の骨盤矯正、O脚矯正、マタニティ整体、美顔鍼
東洋医学では49歳前後になると腎気が衰えて天癸(てんき)が衰退して、任脈と衝脈に血を注ぐことができなくなり、閉経するとされています。

 

治療は下肢の腎経を中心とした三陰経脈(腎・肝・脾)が中心となります。
更年期障害の証分類としては肝腎陰虚脾腎陽虚があげられます。

 

また、下記にそれぞれの不調による症状をあげさせていただきます。

 

更年期障害15:名古屋市千種区,鍼灸接骨院,産後の骨盤矯正、O脚矯正、マタニティ整体、美顔鍼
腎が衰えると活動力が低下し、免疫力の低下や身体全体の老化現象が加速します。
●腰痛
●易疲労感
●頻尿、残尿感
●耳鳴り
●白髪、抜け毛

 

更年期障害16:名古屋市千種区,鍼灸接骨院,産後の骨盤矯正、O脚矯正、マタニティ整体、美顔鍼
肝が弱ると気や血が停滞しお血が発生し、主に精神的抑うつ、イライラして怒りっぽいなどの症状が起こります。
●イライラ
●のぼせ、ほてり
●頭痛
●冷え
●めまい

 

更年期障害17:名古屋市千種区,鍼灸接骨院,産後の骨盤矯正、O脚矯正、マタニティ整体、美顔鍼
脾は「運化」、「昇清」、「統血」の3つの働きを持ち、この3つの働きのバランスが崩れるとむくみ、消化不良、全身倦怠感、血尿、不正性器出血などが起こります。
●食欲の低下
●便秘、下痢

 

更年期障害18:名古屋市千種区,鍼灸接骨院,産後の骨盤矯正、O脚矯正、マタニティ整体、美顔鍼
ほてり、発汗、胸内の不安感、手足のほてり、めまい、耳鳴り、腰膝痛、月経過多、経量多いまたは、少ない、閉経、皮膚の乾燥、痒み、口乾、便秘

 

更年期障害19:名古屋市千種区,鍼灸接骨院,産後の骨盤矯正、O脚矯正、マタニティ整体、美顔鍼
太渓、復留、合谷など

 

更年期障害20:名古屋市千種区,鍼灸接骨院,産後の骨盤矯正、O脚矯正、マタニティ整体、美顔鍼
ほてり、発汗、顔につやがない、疲労倦怠、腰膝の違和感、四肢の冷え、浮腫、腫脹、食欲不振、経量が多いまたは少ない、軟便、頻尿

 

更年期障害19:名古屋市千種区,鍼灸接骨院,産後の骨盤矯正、O脚矯正、マタニティ整体、美顔鍼
太渓、三陰交、関元など

受付時間

受付時間1:名古屋市千種区,鍼灸接骨院,産後の骨盤矯正、O脚矯正、マタニティ整体、美顔鍼
〇の時間帯要予約、接骨以外は〇の時間以外も要予約。

アクセス

地図:名古屋市千種区のグラースはりきゅう接骨院,肩こり,むち打ち,腰痛,骨盤矯正,不妊

 〔院名〕 グラースはりきゅう接骨院  〔住所〕 〒464−0071  愛知県名古屋市千種区若水3−18−6  〔TEL〕 (052)880−0330  〔アクセス〕 市バス『若水三丁目』より北へ徒歩3分  中国料理「菜の花」南隣  前面2台と提携駐車場…当院南すぐ『ブラザー若水パーキング』  来院時回数券進呈